2013
Jun

26day

HNの理由

250

現在描いてる落書き用。

うまく出来るかしら。

 

旅行記5日目でちらっと触れたのですが私の「こは」というHNの由来の話です。

実は光さんが改名した理由と一緒だったかも?

ちゃんと語るのははじめてかしら…

 

 

HNは今までいくつか使っていたんですが「こは」の次に長く使っていたHNがありまして。

ちょっと晒すのはあれなので割愛。

この時は「苗字+名前」の漢字のHNだったんですよ。

 

ただ、実は名前部分の読みが某宮野・シーフォさんと同じだったという…。

この名前にしたのはゲーム発売前からだったんですが、その後創作系の絵茶やらなんやらに参加する度某宮野・シーフォさん好きに思われてしまい…。

いや、好きですけどね!

宮野さんもシーフォさんも好きですけどこのままでは色々と支障がでる……!と思いましてサイトを作ったの契機に改名することに致しました。

 

さてどうしようか…と悩んだ時に、この時使っていたHNをもじったものにしようと思い、イニシャルをとって「F」と「K」になりました。

これに更に一捻り加えて「H」→「F」 「K」→「C」に変換して。(発音的に代替できそうなアルファベットだったので)

「C」と「H」を「ktkr」的に無理やり発音すると「こは」かな〜、と思ってそのまま「こは」になりました。

 

かれこれ4年近く使ってるので馴染んでおりますし、きっと滅多なことでは変えない……はず。

それにサイトをはじめて色んな方に「こは」って呼んでもらえるのはすっごく嬉しかったりしますv

 

というか馴染みすぎてて実はHNを隠している人の前でも「私は…」じゃなくて「こはは…」って言いそうになるくらいです(^q^)

どうにかしようと思って最近は一人称を「こは」で話すのを前よりは控えているんですが…。

(そもそもなんで一人称がこはになってるのかわからない)

 

一応思わずこはって言っちゃった時のために良さげ言い訳も考えているんですが中々いい案がです……。

 

馴染み過ぎるのもちょっと問題だなぁと思いました(;´▽`)

そんなHNのお話でした。

とりあえず「こは」があるのは宮野シーフォさんのおかげ…

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィード

トラックバックURL: https://c-logicplus.com/2016/trackback/